金比羅で日本刀を買った話

高校時代に修学旅行で、香川県は金比羅神社に行きました。確か金比羅神社は一番上まで上る途中に骨董屋さんがあったような気がします。また、金比羅神社周辺にもいくつか骨董屋さんがあり、自由行動だったということもあり、結構な時間を骨董屋さんで潰しましたね。

そして私の班の男子が購入したお土産が日本刀でした。しかし、時代劇などでお侍がよく振り回している大きい方の刀ではなく、小さい方の刀です。ですからバックパックには収まりました。

ちなみに、武士の正装では腰に刀を2本指すのだそうですが、「本差」と呼ばれる大きい刀の方以外にも、小さい刀を指すのです。こちらは予備の刀だそうで、いわゆる「脇差」と呼ばれる刀です。うちの班の男子はこちらの脇差を骨董屋さんで購入し、バックパックに入れてお土産としたのです。

ちなみに、男子が買った日本刀は、刃が既に錆び錆びで、切れるような代物ではないため、銃刀法なんちゃらには引っかからないのですが、しかし後々先生に見つかり、ちょっとした問題にはなりましたね。

しかし値段が4千円だったことや、刃がボロボロだったことなどもあり、雑談程度で済んでいます。高校生ですからね。いくら隠しても「○○、刀買ってんぞー」と、瞬く間に広まりますわ。

11月 10th, 2014 未分類 コメントは受け付けていません。

外国人からの注目を集める日本刀

日本刀をお探しの方に、新潟の和敬堂をご紹介します。
日本刀は、外国人からの注目を集める存在となりつつあるのではないでしょうか。海外における日本文化のブームが主なきっかけとして挙げられており、日本刀にもフォーカスが当てられていると言えるのではないでしょうか。日本刀というアイテムそのものに関心を抱く外国人が多いとみられていますが、日本刀の製法やそれにかかる技術に着目する外国人も多くなってきているのではないかと思います。
海外では日本刀のようなアイテムは数多く存在していないと推測されています。そのため、様々な国では日本刀に希少価値が付加される傾向が強くなり、注目を集めることに繋がっていくのではないかと考えられています。これからも長い期間にわたり日本刀が様々な国から関心を向けられるものとみられています。日本の歴史を語る上でも重要な存在であるため、これまで以上に強い関心が集まってくるのではないでしょうか。また、日本刀の在り方に精通した外国人も、次第に増えていくものと予測されています。

10月 29th, 2014 未分類 コメントは受け付けていません。

伝統的であるとされる日本刀の製法

日本刀の製法は、伝統的なものであると考えられています。古来から伝承される製法で日本刀が作られる場合が多いため、このような考えが広がっているのではないかと思います。日本刀を作る職人も全国に点在しており、高い技術で日本刀が作られる環境も保たれていると言えるのではないでしょうか。
日本刀を製造する際の伝統的な製法は、様々ところで取り上げられています。近頃では海外でもこのようなトピックについて興味を抱く人が増加してきているため、取り上げられる機会が多く見受けられるようになりつつあるとされています。日本のみならず、海外においても日本刀の伝統的な製法が注目されていることについては、好意的に捉えられる場合が多いのではないかと思います。今後もこのような伝統的な製法は、確実に継承されていくものとみられています。日本刀の作り手が若い年代の人に移り、高い水準の製造の技術も引き継がれていことが大きく期待されるようになるのではないかと思います。

10月 28th, 2014 未分類 コメントは受け付けていません。
ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Please use wordpress Widgets.